HOME > アレルギーの無いヒアルロン酸

アレルギーの無いヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人間の体内にある物質ですから、安全性が高く、副作用もありません。
アレルギー体質の人は、ヒアルロン酸を注入することで、アレルギー反応が出ないか心配な人もいるでしょう。

しかしヒアルロン酸にアレルギー反応を起こす人はほとんどいませんし、時間の経過とともに体内に吸収されるので、心配する必要はないでしょう。
ごくまれにアレルギー反応を起こし、注射をした箇所がみみず腫れのようになる人もいます。

しかし美容のための注射としてヒアルロン酸は高い安全性があり、アレルギーの出やすいコラーゲンよりも推奨されています。
コラーゲンはたんぱく質ですから、アレルギー反応を起こす方もいます。
詳しくはアトピーを治すたんぱく質の摂り方をご覧ください。

どうしても心配な方はサプリメントなどから試してみたり、あるいはアレルギー検査を受けてみると良いかもしれません。
ただし安全性の高いヒアルロン酸でもトラブルが全くないわけではありません。

医師の腕によって注射に失敗する可能性があるので、そのようなリスクも考慮に入れ、注射をするかしないか決めた方が良いでしょう。
ヒアルロン酸注射によるトラブルの例として、お肌にシコリが出来たり、内出血したというケースがあります。

これはヒアルロン酸を注入する方法が針によるものですから、内出血を引き起こす可能性はゼロではありません。
また一部にヒアルロン酸を大量に注入しすぎると、皮膚組織化してシコリとなり、皮膚に凹凸が出来る人もいます。

このような内出血やシコリは自然に解消するとはいえ、治るまでは放置するしかないので見た目を気にする人も多いでしょう。
シワを治すために注射したのに、余計にシワが目立つようになってしまったということにもなりかねません。

特に目尻の細かいシワを消すヒアルロン酸注射は難しく、失敗する可能性も他の部位より高くなります。
打つヒアルロン酸によりますが、ヒアルロン酸が完全に代謝されるまで1ヶ月から3か月、長いもので半年から1年程はかかりますから、失敗すると長い年月我慢しなければなりません。

また皮膚組織化したシコリが治らないケースもあるので注意が必要です。
アレルギー反応を起こすリスクは少ないとはいえ、注射ですから感染症のリスクもあるでしょう。

心配な方はまずはサプリメントから試してみると良いでしょう。
注射ほど即効性はないにせよ、持続的な効果が得られ、副作用のリスクもありません。