HOME > ドライアイの原因はヒアルロン酸不足

ドライアイの原因はヒアルロン酸不足

最近はパソコンを使って仕事をする人が多く、携帯を使ってゲームをする人もよく見かけます。
パソコンやゲームを毎日のようにしている人も少なくないのでしょうか。

現代病ともいうべき「ドライアイ」ですが、ドライアイに悩む人は本当に増えています。
要因の一つには、パソコンやゲームの普及による目の酷使があるのではないでしょうか。

ドライアイの症状は目の渇きです。
少し目を休めれば問題ない、そう考えて放置してはいませんか。

でもドライアイは目を酷使しているサインです。放っておくと視力の低下を引き起こすかもしれません。
たかがドライアイと考えず、適切な処置を施せば改善することが出来ますので、早めに対策を講じると良いでしょう。

実はドライアイになるのは、ヒアルロン酸の不足が原因として考えられます。
皮膚と同様、眼球も水分によって保護されています。

ですから目が乾くと、眼球が傷つきやすくなり、炎症を引き起こしやすい状態といえます。
ヒアルロン酸は直接サプリメントやドリンク剤から摂取することが可能です。

目の疲れや乾き、ゴロゴロとする違和感を感じたら、ヒアルロン酸を摂取してみると、症状が改善します。
実は医師が処方する点眼薬にもヒアルロン酸が入っているものが多く、通常の目薬に比べ、涙の保持力が長く続くと言われています。

というのもヒアルロン酸の保湿力は高く、わずか1gでも6リットルもの水分を保持できると言われています。
ヒアルロン酸は体内に元々存在する物質で、実は眼球の硝子体にも多く含まれています。

ですからヒアルロン酸配合の点眼薬を差しても副作用の心配もありません。
逆に硝子体の水分量が低下すると、外からの光を上手く網膜に伝えることが出来ず、モノがぼやけて見えたり、視力の低下を引き起こすこともあります。

どうしてもヒアルロン酸は年齢とともに不足しますから、年を取ると目が乾燥しやすかったり、疲れやすいものです。
そんなときはヒアルロン酸の目薬を試してみると良いでしょう。