HOME > 自己注射の危険性

自己注射の危険性

安全性が高く、手軽にエイジングケアできるヒアルロン酸注射が流行しています。
しかしヒアルロン酸注射の欠点は価格が高いことで、やりたくてもできない人も多いでしょう。

しかし最近ではヒアルロン酸注射をインターネットで購入し、自分で自己注射をする人がいるようです。
ヒアルロン酸を海外から個人輸入することで値段も抑えられ、手の届かなかったヒアルロン酸注射が自宅で出来ると評判を集めています。

しかしこのヒアルロン酸の自己注射は副作用を引き起こす危険性をはらんでいます。
実際に自己注射によって感染症を発症したり、後遺症が残ったケースもあります。

ヒアルロン酸がいずれは体内に吸収される成分だとしても、注射する場所を間違えると、一生消えない傷が残ることもあり、ひどいときはショック死する人もいるようです。
有名な後遺症として、異物肉芽腫症というものがあります。

これは注入部分が炎症を引き起こして腫れ上がり、しこりとなって残ってしまう症状です。
ただ注射した箇所が腫れるだけでなく、周辺の皮膚も引っ張ってしまうので、皮膚がひきつったようになります。

この異物肉芽腫症は、専門の医師がヒアルロン酸を溶解する注射を持ってしても、完全にしこりを消すことは難しいようです。
またしこりの原因である異物を完全に除去するにしても、傷跡が残ることになるでしょうし、肉芽腫が化膿すると癌になってしまう可能性もあります。

自己注射はこのようなリスクがありますから、いくら美容外科やクリニックよりも安価にヒアルロン酸注射が出来るとはいえ、非常に危険な行為であるのは言うまでもありません。
安全にヒアルロン酸を取り入れたいのなら、ドリンクやサプリメントなどを用いると良いでしょう。

なおヒアルロン酸配合のベルタ酵素ドリンクはダイエットにも効果が期待できます。
美容と健康にも良いので、モデルの間でも流行しています。