HOME > ヒアルロン酸で関節痛が治る

ヒアルロン酸で関節痛が治る

五十肩や膝の痛みなど、関節痛の治療にヒアルロン酸が使われているのをご存じでしょうか。
ヒアルロン酸というと、お肌のハリと潤いに効果があると思うでしょうが、実は関節の働きを良くする効果もあるのです。

ヒアルロン酸は何も皮膚の表皮や真皮にだけ存在する成分ではなく、関節液や軟骨にも含まれており、骨の潤滑作用やクッションのような役割も持っています。
ですからヒアルロン酸が不足すると、関節を円滑に動かすことが出来なくなったり、骨と骨が擦れて痛みを伴うようになります。

関節の働きが低下すると日常生活の至るところで支障が出てきます。
代表的な関節痛として、五十肩や変形性ひざ関節症、関節リウマチなどがありますが、いずれもヒアルロン酸の不足により引き起こされるものです。

また腰痛も関節痛の一種、ヒアルロン酸が足りていないと腰痛が発生する可能性があります。
雲のやすらぎ敷き布団で腰痛が楽になったという人もいるので、布団を変えてみるのも良いかもしれません。

ひざ関節症は膝を曲げるだけで痛みを感じるので、歩くことや座ることも困難になります。
また五十肩は手や腕を上げることも困難になります。

ヒアルロン酸は副作用がなく、治療の場でも多く使用されています。
関節痛の治療にもよく用いられ、患部にヒアルロン酸を注射することで、関節のヒアルロン酸濃度が高まり、炎症や関節の痛みを和らげる効果があるのです。

1回の注射では完全には治りませんが、週に1回程度数回通えば痛みは徐々に取れてきます。
それに関節痛の治療の場合は、月に5回まで保険適用可能なので出費を心配する必要もありません。

痛みが取れ、関節の動きが改善されたら治療は終了です。
副作用のリスクも少ないので、関節痛にお悩みの方は一度お試しください。