HOME > ヒアルロン酸でにきびが出来る?

ヒアルロン酸でにきびが出来る?

ヒアルロン酸は真皮の隙間を埋めるゼリーのようなものです。
弾力があり、真皮の構造を安定させるので、ハリのあるお肌になるには不可欠な成分です。

ヒアルロン酸は水分保持力が高く、化粧品にも保湿成分として配合されています。
ですが、この美肌に良いヒアルロン酸が原因でニキビが出来るという人がいますが、実際はどうなのでしょうか。

ヒアルロン酸配合の化粧水を付けるとお肌がしっとりして保湿された気になりますね。
でも実際のところヒアルロン酸が高分子なため、お肌の奥には浸透しません。

ですからヒアルロン酸入りの化粧品を使っても、皮脂膜の代わりになるに過ぎないのです。
もちろん乾燥肌の人は皮脂の分泌を補ってくれるので、保湿するには有効かもしれません。

ですがお肌に良いと言っても、使用量を間違えると、かえって皮脂量を増やし、にきびが出来るリスクを高めます。
適量であれば皮脂膜がお肌の水分が蒸発するのを防ぎ、潤いのあるお肌にしてくれますが、付け過ぎるとかえって皮脂が過剰な状態になります。

その結果皮脂が毛穴に詰まって、にきびの原因となるわけです。
ニキビが出来るメカニズムについては、ニキビの原因とケアの仕方をご覧ください。

ヒアルロン酸入りの化粧品を使ってニキビが出来るという人はもしかしたら使用量が多すぎるのかもしれません。
過剰な保湿は正常な皮脂分泌も阻害しますから、使用量には注意しましょう。

ただ最近流行の低分子のヒアルロン酸はこのヒアルロン酸の欠点を補い、真皮にまで浸透するように作られています。

ちょっと値段が高いのが欠点ですが、使うと皮膚表面がさらさらなのに、皮膚の内側がもっちり保湿されている気がします。
気になる方は低分子ヒアルロン酸を一度お試しください。